竹の子ぶろぐ

管理人の竹ノ湖が集めたニュース、動画、ネタ等。 比較的2ch多し。

(`・ω・)<2019年、亥年です。今年も宜しくお願いします。

小室圭

枕営業告発・・・マリエが「週刊文春」に語った「私は嘘を言ってない」

E3839EE383AAE382A8-1

枕営業告発・・・マリエが「週刊文春」に語った「私は嘘を言ってない」

レプロと文春は仲が悪いそうですが、それでも取材を受けたと
いう事は、芸能事務側が声明を出していない事と何か関係あるんでしょうかね。

しかしここまで話題になってもテレビでは相変わらずあまり扱いませんね。
芋づる式に枕が表に出てくることを恐れているんでしょうか?
芸能界としてはさして珍しくもなく、結構な頻度で横行しているとは聞きますが。

現場での声という意味で芸能人が発信したのは、
これが始めてかも知れませんけどね。

文春に掲載された、という事で取り上げるマスコミも出てくるかも知れませんが、
さすがにテレビではまだ扱わないんでしょうかね。

決定的な証拠が無い以上、渦中の人は逃げ切るつもりなんでしょうけど、
イメージの悪化は避けられませんからね。
今後、件の人のテレビにおける使い方で大体情勢がわかってくるんじゃないでしょうか。

文春も今後は出川サイドや吉本にも取材を続けてほしいものですが、
本当にまずい案件には手を出さないイメージがありますからね・・・。
何にせよ、週刊誌が取り上げるようになって事態は少しずつ動いてきているのでは。

まあ、否定している側がきっちり会見なりして声明を出さない限り、
大きな炎上は無いにせよ、いつまでも火は消えずに燃焼し続けると思いますね。

================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)

木下優樹菜がマリエに「命は大事にして…」告発に複雑な心境

img_756fe4420eaebf7850a4f989ffcef01b88076

木下優樹菜がマリエに「命は大事にして…」告発に複雑な心境

元々深い関係だったと思われる人に話しを聞いても
意味が無いんじゃないでしょうかね?

命は大事にして、と言うのは記者からの「殺されるのでは」という返しなので
まあ不自然では無いとは思いますが、出演時期が
かぶっていない、というのは嘘なんじゃないでしょうか?
「世界バリバリバリュー」で司会の島田氏、パネラーのマリエさんとともに
出演していませんでしたっけ。

さすがにあそこまで共演しておいて、プライベートで付き合いが無い、
というのは苦しいんじゃないでしょうか?

調べればわかるような嘘をなんでつくんでしょうかね。
直撃取材、というのはやはり素が出てしまいやすいものなんでしょうか。
「関わりたくない」といった気持ちなどの。

まあ、仮にそういった営業をしている人間で正直に
やりました、という人はいないんじゃないでしょうかね、イメージもありますし。
芸能界から遠ざかっている人しかインタビューできないんでしょうかね、この人みたいに。

この人も相当叩かれましたが、まあ自業自得でしょうからね。
闇が深い事件なので全てを明かすのは難しいところでしょうが、
週刊誌辺りには頑張ってもらいたいものです。

================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)

マセキ芸能社、出川巡る騒動でコメント「お騒がせしている事実はない」

degawa-marie-leon-02

マセキ芸能社、出川巡る騒動でコメント「お騒がせしている事実はない」

本人が否定した、となると動画を出したマリエ氏が更なる追撃を
出さない限り、膠着状態になるんでしょうかね?こういうのは。
イメージ低下は避けられませんが、致命的な対応は避けたという所でしょうか。

今後他からのリークが出てきて、その話によっては
この対応がアウトという事もありえますからね。

言い分も「食事会」などと件の動画には言われていなかった事を
書いていますし、色々とおかしいですね。
事実と違う、という事で争いにしても大火傷を負いそうですし。

こういう場合はお騒がせしていることへの「詳細」を書いた上で、
否定しないといけないのでは?余計に疑いを持たれるだけだと思うんですけどね。
騒ぎが予想以上に大きくなったので慌てて対処したんでしょうけど、
正直、悪手としか思えませんね、これは・・・。

既にCMを消されているところもあるみたいですし、
これはもう一手打たないといけないんじゃないでしょうか。

この一言で終わる問題とは思えませんね、残念ながら。
個人的には出川氏は嫌いな方では無いので、誠実な対応をしてもらいたいものですが。

================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)

今年の新語大賞は「ぴえん」・・・コロナ関連のワードも続々トップ10入り

hqdefault

今年の新語大賞は「ぴえん」・・・コロナ関連のワードも続々トップ10入り

コロナ関連のワードに比べると、いまいち流行っていなかった
ような気がするのですが・・・コロナを一位にしてしまうと、さらに経済が
冷え込む可能性を加味したのでは、と邪推してしまいますね。

コロナ関連とぴえんはともかく、他のワードってあまり
聞いたことが無い気がするんですが、どこで使用されていたんですかね?

○○警察!といった今年じゃなく結構昔から使われている
ワードも見られますし、どういう基準で選んでいるんでしょうかね。

6位の「優勝」とか使われていた記憶どころか使い所が
わからない気がするんですが・・・。

ワードを聞いて、検索してはじめてちらほらと出てくるレベルでは
新語大賞の候補とは言わないような気が・・・。

流行語とはまた違うんでしょうかね。
それとも、私のアンテナが足りていないだけなんでしょうか?

そこまで人と隔絶した生活を送っているわけではないのですが・・・。

================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)

「けものフレンズ」を視聴した人、リアルタイムで観なかったことを後悔

C3sw_1yUoAE7fkb

「けものフレンズ」を視聴した人、リアルタイムで観なかったことを後悔
(けものフレンズちゃんねる)

私も完全にリアルタイムという訳ではなく、話題になりはじめた
4話辺りから視聴 に加わった人間ですね。

作品は今でも見れますが、当時の「空気」というか最終話付近の
あのハラハラした感じはやはり生放送当日でしか味わえないものだと
思いますね・・・そういう意味ではニコニコ生放送というのは
まだ可能性があるコンテンツなのかもしれません。

11話のラストとか、今見ても大人の私がハラハラするくらい
ですからね、結末をしっても演出力の差があるというか・・・。

まあ、放映される作品の質にもよるでしょうけどね。
第二期は酷い惨状になり、現在でも炎上し続けていますし。

一期を見て幸せになった方は二期は見るな、という人が
非常に多くいますし、その気持ちもわかりますが、私は
最大限の爆弾である十二話を除けばまだ「アニメの失敗例」の
教本としてみる価値はあるんじゃないかな、と思いますね。

キクチミロ氏の予告、キャラクターデザイン、音楽等褒める部分は
非常に少ないにしろ一応ある事ですし。

隠れた名作になるかも!という嗅覚は大事なんだな、と。
現在ではアニメを追うほど夢中になって見る作品はあまり
ありませんでしたが、久しぶりに開拓でもしてみましょうかね?

================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)


このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ
お世話になってるサイト
  • ライブドアブログ