桃ぶろぐ

管理人の(桃・ω・)が集めたニュース、動画、ネタ等。 比較的2ch多し。

(桃`・Θ・)<2017年、酉年です。今年も宜しくお願いします。

サンデー

【悲報】週刊少年サンデー、瀕死状態

JuH7pDzi

【悲報】週刊少年サンデー、瀕死状態

昔は良い漫画が結構あった気がしたんですけどね・・・
今はなんとなく地味な印象を受けてしまうこの雑誌。

というより、漫画雑誌そのものをそれほど見なくなってきて
しまっているせいか、どの雑誌にどれが連載しているか?
というのをいまいち把握仕切れていないんですよね。

さすがに主要の一つであるサンデーは時々目を通してはいるのですが
「目に留まる」作品が今は無いような・・・ガッシュが掲載してた
頃まででしたかね、しっかり読んでいたのは。

少し前に「小学館の悪評」というのも話題になりましたし、
そのせいでイメージが悪くなってしまっているのかも知れませんね。
小学館系列の雑誌は・・・まあ、私もそうなんですけど。

噂に過ぎませんが、ひかわ博一氏の話とかね。

その先生をアシスタントを名乗る人が否定もしていますけど・・・
真相は闇の中ですよねえ、これも。作品を最近発表していないみたいですが、
もう復活はしないんでしょうかね?

漫画業界もかなり闇の深い世界、「部数の減少」も一種の闇が溢れた
結果なのかも知れません。

==================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)

少年サンデー「小学館」の編集者がまたパワハラを・・

サンデー編集部がまたやらかしてるっぽい件

ゴールデンタイムズ速報


週刊誌の漫画家というのは想像だけで辛い仕事、というのが解りますが・・

その範疇の中でも「当たる編集者の出来」で仕事に対する

辛さのレベルが随分違ってくるんじゃないかと思います。


これは普通の仕事でもそうですよね、一人では仕事は出来ませんから。

パートナーの出来によって効率や速度に違いが出てくるのは当然かと。


それを考えると、作家の人というのはサンデーに限らず

小学館とは関わりあいにならない方が良いと思いますね。

上記の記事で紹介されている編集者はその小学館の中でも

特に酷い編集者の一人のようで・・・自分が考えた作品を編者の好きなように

いじくられてしまっては創作意欲も出る訳がありませんよね。


本来、編集の仕事というのは物語に口を出すことじゃなく

ミスを指摘して作品としての精度を高めることでは?


最近のサンデーでは全く新人が育たず、部数も下がりが

止まらないのは納得と言えます。(まあ雑誌系はほぼ全て落ち込んでますが)


現在プチヒットを飛ばしているのも他誌からの移籍組ですしね。

無能な編集のせいで土台がしっかりしていないのは雑誌としては

致命的なのでは?直す気があるのならとっくに改善してそうですけども。


一度漫画家が直す前のネームと編集者が直したネームで

どちらか面白いか読者にでも判別付けてもらったらどうですかね?

まあしないでしょうけど。


==================================================

クリックお願いします(`・ω・)



このエントリーをはてなブックマークに追加

アーカイブ
お世話になってるサイト
  • ライブドアブログ