“不良債権”を処理し始めたフジテレビ

色々頑張っている姿勢は見られますけど、何度も言っているように
動く時期が遅すぎたんですよね、結局の所は・・・。

「ごきげんよう」を切ったのはいい判断だと思いますね、
高いギャラの割に視聴率を取らない番組の代表みたいになってましたから。
長い間続きすぎてマンネリみたいな感じになっていたし、
丁度良い時期なんじゃないでしょうか。

しかし、「いいとも」の例にもあるように、後続の昼番組を作れてないのが
今のフジテレビなんですよね・・・番組の企画力が致命的に無いですから。
民放全般酷いですけど、最近のフジは特に酷さが目立ちますからね。

不良債権というなら「バイキング」も同じだと思うんですが。
長い目で見る期間も終わったと思うんですけど。
いい企画が生まれないから仕方ないからと思うんですが、
あの番組の内容の「薄さ」も切られる理由に足る代物だと思うんですが。

最近給料カットを決断したようですが、それでも一般企業の
会社員の倍額に匹敵する値をもらっているみたいですし、まだ足りないですね。
その分制作費に回せば、下の人間の意欲も沸いて企画力はともかく
番組の質くらいは上昇するんじゃないでしょうか?

全ては「一般人の声」を無視したツケが回ってきた形ですが、
果たしてこのどん底から挽回はきくんでしょうかね?無理だとは思いますが、
どのような「行動」を起こすのかは少しだけ興味はあります。

あ、チャンネルは合わさないですよ?

==================================================
 
クリックお願いします(`・ω・)