「A-1」アニメーターが過労鬱で自殺 共産党が委員会で過酷な実態を告発

きちんと運営すると潰れてしまうアニメ会社が殆どとは言え、
こういう風に問題提起しなければいつまでたっても改善する方向に
動きませんからね・・共産党はあまり好きな政党ではありませんが
こういった切り込みを良くしてくれる部分は評価出来ます。

アニメ業界の劣悪な内部を知れば知るほど
なんで末端の人間はそういった改善の動きを見せないのか疑問に思います。
好きでやるのにも限界があるでしょうに・・。

まあ、今回のケースは制作進行というアニメーションの中でも
特に雑用の部分が酷い業種に入りますが、それでもアニメに興味が
あって入った人だとは思いますのでね・・私も業界に携わった事がありますが
半年で「作る」方には興味が無くなりましたよ。

末端のあの環境でモチベーションを保ち続けている人は本当に凄い。
凄い、とは思いますけどもだからと言ってアニメ業界の劣悪な環境を
褒めるわけにはいきませんよね。

最近では人がようやく環境や構造の異常さに気づき、
人が集まらなくなってきているそうですね、まあ外国人に回せば良いという
自転車操業の見本みたいな事になっていますが、それもいつまで持つか。
日本の文化とまで言われたアニメーション、案外早いうちに終わりが来るかも知れません。

テレビや金融や広告の業界と同じで、いっぺんどん底まで潰れないとわからない
人たちが上に居座っている世界ですからね。
なくなる寸前まで追い込まれて見るのも良いかも知れないな。

どうもブラック企業関連に関してはヘイトが出てしまいますね・・^^;

==================================================


クリックお願いします(`・ω・)